その先にない場合。
最近
海の見える土地を買ったとか
桜の咲く土手の近くに家を建てるとか
海の近くの賃貸住宅に引っ越したとか
大人数での共同生活を街中で始めたとか
楽しそうな話しをよく聞きます。

先日は
「本当は海の近くで生活したいのだけど、まだまだ実現しそうにないので部屋だけでも海の近くのような空間にしているんです」って、お客さんが話してくれました。
できるのなら海の近くに住みたいボクも共感です。


知らない土地を運転していて、この坂を上りきると海が見えてくるんではないかと勝手な思い込みをしてしまうことがよくあるのですが、
近くに海がないことはわかっていても、
無意識にどこかの風景と重ねているのか、
自分が海に向かう時に記憶してきた断片的な情報がどこからか飛び込んできてそう思うのか、とにかく連想してしまいます。


その先に海をイメージさせる空間。
その先に緑豊かな避暑地をイメージさせる空間。
ダイレクトにそのものを置くのではなく空間の延長に連想させる。
それぞれが思う風景のキーになる家具や小物を使って
自分自身を錯覚させ、気持ちよくさせる空間づくりという作業は
難しくてもやりがいがあり楽しいことですね。



santanaより
※画像 ラタンチェア sold
c0080142_1515276.jpg
[PR]
by santana-t | 2008-06-03 15:15 | Chair.Sofa
<< 好きでした。 santanaより >>



santana cotoya select
by santana-t
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30