2006月刊サンタナ March vol.03より
ジャングル化計画

部屋の雰囲気づくりで観葉植物の存在は家具と同じぐらい重要なアイテムです。
個人的には葉っぱや花が気持ち悪ければ悪いほどそそられますが…

以前ボクは部屋の熱帯ジャングル化を試みました。
”ジャングルの管理”など聞いたことがないので水やり以外はほったらかし、植物に占領された部屋は昼でも薄暗く所々ホフクゼンシン、TVは葉っぱの隙間から、人との会話も葉っぱ越し、次はオウムを放し飼いにしようかなどと本気で考えていました。ジャングルに行ったことはないのですが、原色の花と気持ち悪い葉っぱとツルに囲まれた環境はトテモトテモ気持ちの良いワイルドでパラダイスな日々でした。

3ヶ月後…
ほったらかしの植物たちの奇妙に一方向に伸び絡み合ったツル状の茎、葉や茎にはエイリアン似の害虫、群れるショウジョウバエ、それを食べていると思われる葉裏のアマガエルの存在…立派なかわいい本物のジャングルをつくりあげてしまいました…

春から秋にかけては網戸無し窓全開生活のボクは帰宅直後と夜中の物音にヘビを想像しおびえ、夢にもヘビが出演し始め、普通に口に飛び込んでくるショウジョウバエに困り、昼間潜んでいたアブラゼミに夜中襲撃されて飛び起き…ついに身の危険を感じジャングルからの撤退となりました。

春が近づくにつれ緑がこいしくなってきた今日この頃、ふと横の多肉植物屋さんに目をやりました。あらためて見てみると、どれもボクには、かなり立派に気持ち悪く見え…とてもソソラレ…今度はアフリカの乾燥地帯コンセプトで…

ではまた。



などとチャレンジショップ当時、毎月フライヤーの裏面にこんなことを書いて配っていました。
このアナログ作業が今のブログの土台となっているのでした。
今はデジタルの波がボクにも押し寄せ、world wideにこっそりと発信できるようになりました。

santanaより
※画像 自宅4年前 この後ボクは暴走し部屋をジャングルにしてしまいました。
c0080142_030394.jpg

[PR]
by santana-t | 2007-03-26 00:30 | Rooms
<< はるつげどり 音楽って? Vol.02 >>



santana cotoya select
by santana-t
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31