仕入れと温泉と寝汗
仕入れついでに木造3階建てのシャビーな温泉宿へ
c0080142_1325288.jpg


仕入れ後、夕方到着
温泉につかり、夕食を食べて、温泉につかり
午後10時から朝まで泥のようにひたすら寝りました。
が、
朝方に尋常ではない量の寝汗で布団が水浸し…寒くて目が覚める。

実は体質的に気温の差が激しい冬から春にかけてよくこれになるんですが
ここまでストロングなのは初です。
掛け布団、敷き布団、浴衣ともにびっしょり、まるで土砂降りの後のよう。
慣れているボクでもびっくりなので、たぶん皆さんの想像以上だと思われます。

この年で夜尿と勘違いされても困るので
(というか今回はそんなレベルではなく全身から大量の水を噴き出す怪獣のような)
朝、仲居さんが布団を片付けてくれる時に告白。

仲居さんも布団にさわってびっくり…目が点、ぱちくり、リピート
こっちを見て
「お体大丈夫ですか?」

なんだか急に恥ずかしくなり
「こんなこと初めてなんです〜ここの温泉が体に効きすぎましたかねぇ〜」とごまかすと

そこはさすが仲居さん、一瞬、間はあいたものの
「うちの湯はよくあったまりますからねぇ、急に新陳代謝が良くなったかもしれませんね」とにっこり。

「それです、それです、新陳のほうに効いたんですね〜たぶん」

よかった…
実はその1時間前から布団をひっくりかえしたり、角度を変えたり、取り替えたりしながら暖房で渇かすという、漏らした子供のような裏工作をけなげに実行していたため、それでもかなりマシになりました。
ぜったいあのままだったら笑顔はもらえなかった…

その後、朝食を食べ、宿の皆さんに笑顔で送っていただき
また仕入れに向かったのでした。


”旅情篇”おしまい

※画像 仲居さんも絶賛!Noritake MELAMINE WARE sold
c0080142_14483592.jpg
[PR]
by santana-t | 2010-02-20 14:42 | Kitchen tableware
<< 神社仏閣スタイル 不審なビニール袋 >>



santana cotoya select
by santana-t
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31