足したり引いたりのワンルーム
c0080142_1453465.jpg
c0080142_1583610.jpg

職 業:住宅関係ショールームアドバイザー
40代女性

8畳+ロフト5畳の1ルームアパート。
「料理づくりが好きなので1ルームでは珍しく大きめのキッチンがついていたこの部屋を選びました」

古い物に興味があり高校生の時には実家の倉からご先祖様の椅子やタンスを持ち出しては自分でペイントして使っていたそうで、家具や服など年代問わず気に入った物はなんでも取り入れられるそうです。
今でもロフト階段下には祖母の使っていた棚を収納に。
7年前に購入したUSEDのイームズも座るだけではなく服を置いたり、ちょっと物を置いたりと一脚あると便利です。

室内に収納がないのと限られたスペースを最大限に使うため5畳のロフトが役立ちます。服の収納、洗濯物、寝室はロフト。
c0080142_13504027.jpg

事務用引出しもキッチン横スペースで調理補助台+食器収納として使われていました。これには脱帽…女性ならではの発想です。
部屋に自分の定位置と少し古めのデザインを、と、探していたソファを見つけ購入。
「床でゴロゴロしなくなり生活にメリハリがつきました。今年はコタツ出しません。
この部屋では何かを足すと何かを引かなくちゃスペース的に無理なんです」

この部屋は気に入っているけど
サイドボード上の小さなコッピー(観賞魚)と観葉植物をぼんやりとながめていると
大きなキッチンとベランダ付きのもう少し広い物件を探したくなるのも本音だそうです。

制約のある空間で限られた家具や物で工夫して暮らされている
清く賢い1ルームでした。

ご協力ありがとうございました。
[PR]
by santana-t | 2009-10-17 01:09 | Rooms
<< いい巣穴ですね。 Japan Meets U.S.A. >>



santana cotoya select
by santana-t
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30